毎日の息抜き

個人的に気になったことを載せている統一性のないブログ。

【FX】海外業者XMでの口座開設方法をシンプルに解説

こんにちは。

 

前回記事でFXを始めたと書いたので、海外業者XMの口座開設方法をまとめておこうと思います。

まず、以下のリンクもしくはバナーからXMのトップページに移動します。

XM口座開設リンク

 

以下のようなページが開きますので、赤矢印で示している「口座を開設する」リンクをクリックします。

XMトップページ

 

クリックすると、以下のような必要事項を入力するページが表示されます。必要事項を入力するときに気を付けて頂きたいことは、全て英語(ローマ字)で入力してください。ページ自体は日本語で表示されていますが、各項目は英語(ローマ字)で入力する必要があります。

XM入力ページ1

敬称:「氏」、「夫人」から選択しますが、申し込み者が男性なら「氏」、女性なら「夫人」を選択してください。

名:例として、「田中 太郎」という名前ならば、「Taro」を入力します。

姓:「田中 太郎」という名前ならば、「Tanaka」を入力します。

居住国:日本にお住まいの方は「Japan」を選択してください。

都道府県・市:例として、東京都にお住まいの方は「Tokyo」、千葉県浦安市にお住まいの方は「Urayasu-city, Chiba」と記入します。

電話:+81と記入されていますが、その後に自分の電話番号を記入します。携帯電話番号を記入する場合、例えば、「090-1234-5678」という番号をお持ちでしたら、最初の0を除いた「9012345678」を+81の後に記入してください。自宅の電話番号を記入する場合も同じく、最初の0を除いた番号を+81の後に入力してください。

例:+819012345678

Eメール:お持ちのメールアドレス(キャリアのメールアドレスやGmail、ヤフーなどのフリーEメールアドレス等)を入力してください。確認メール等がこのアドレス宛に届きます。

 

これらを記入したら、「ステップ2へ進む」をクリックしてください。

クリックしたら、次の必要事項記入ページが表示されます。引き続き、入力していきます。

XM入力ページ2

上から順に見ていきます。

敬称、名、姓:前ページで入力した内容がすでに入力されているかと思います。そのままでOKです。

生年月日:自分の生年月日を選択してください。

居住国:先ほど選んだ「Japan」が入っていますので、そのままで大丈夫です。

区町村・町名・番地・マンション/アパート部屋番号:市より下の住所を英語表記で入力していきます。英語での住所の書き方順は日本語で書く順と逆になります。

例:中区 門前町 1-2  門前アパート 100号室

      ↓

#100 Monzen-apart 1-2 Monzen-cho, Naka-ku

分からない方は以下のリンクで変換する方法もありますので、ご活用ください。

住所英語変換

郵便番号:ハイフンなしで入力してください。

例:123-4567 → 1234567

都道府県・市:前ページの記入内容がすでに記入されていますので、そのままで大丈夫です。

納税義務のある米国市民ですか?:アメリカ市民権を持っていなければ、「いいえ」を選択してください。

電話、Eメール:前ページの記入内容がすでに記入されていますので、そのままで大丈夫です。

 

取引口座詳細以降は個人の取引目的に沿った内容を選択していってください。

XM入力ページ3

 

次に、口座のパスワードを入力してください。(パスワードは必ずメモしておいてください)

確認の項目はFXに関しての情報を受け取りたい場合は一番上のチェックボックスにチェックをしてください。(必要ない方はチェックしなくて大丈夫です)

他2つのチェックボックスは必ず、チェックを入れてください。

XM入力ページ4

ここまで記入しましたら、一番下の「リアル口座開設」をクリックします。

これで、入力が完了です。

 

すると、登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

XMメール1

メールの中の「こちら」のリンクをクリックします。

クリックすることで、最終的な確認が完了し、口座が開設されます。

口座が開設されると、以下のようなメールが届きます。

IDが記載されていますので、必ずメモしてください。

XMメール2

 

次に実際にXMの口座管理ページにログインします。以下のリンクからXMのトップページに移動します。

XMトップページ

以下の赤い矢印が示す「会員ログイン」をクリックします。

XMトップ

 

以下のようなログインページが開きますので、メールに記載されていたIDと登録したパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。

XMログイン

ログイン後、口座管理トップページが表示されます。

口座管理ページ

 

口座開設は完了しましたが、このままでは取引に使えません。

口座を有効化する必要があります。

有効化するには必要書類をアップロードする必要があります。

XMでは身分証明書と住所証明書の2通をアップロードする必要があります。詳細は以下の画像をご覧ください。

身分証明書の中からいずれかひとつ、住所証明書の中からいずれかひとつ、合わせて2通を準備してください。

XM必要書類

 

上記の書類が用意できたら、携帯のカメラなどで撮影しておきます。撮影した画像はPCに取り込んでください。

次に口座管理ページの「書類のアップロード」リンクをクリックします。

口座管理ページ2

 

以下のような画面が表示が表示されますので、身分証明書欄の「参照」ボタンをクリックし、PC内の身分証明書の画像ファイルを選択してください。住所確認書も同じく「参照」ボタンをクリックして選択してください。選択後、一番下の「書類アップロード」ボタンをクリックし、口座有効化に必要な処理は終了です。

画像アップロードページ

 

その後、口座有効化が完了したというメールが届きます。私の場合、半日ほどでメールが届きました。

これで口座の有効化が完了しました。

 

XMでは現在、3000円ボーナスキャンペーンを行っています。

管理ページから「今すぐボーナスを請求」ボタンをクリックします。

ボーナス受け取り

 

以下のような画面が表示されますので、最初の0を除いた自分の電話番号を入力します。入力したら、「認証コードを電子メールに送付」をクリックします。

ボーナス請求

 

入力した電話番号宛に認証コードが送付されますので、次に表示されるページに入力し、確認をクリックします。

コード入力

 

ボーナスを受け取るための処理は完了です。

 

以上が口座を開設するまでの流れとなります。